So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカーガールズ

20161003_145507.jpg


初めて日本語からドイツ語への翻訳のお仕事をいただき、
気合いを入れてコーヒーを注入したら、
翻訳が終わった後もまったく眠れなくなってしまったことを利用して、ブログの更新です。

8月からU11の女の子チームを率いて、すでに2カ月が経過。
きのうはチームで初めて大会に参加して、なかなかよい試合をしました。
きょうは練習で、でもなんかこう、みんな少しばかり注意散漫で、
最後のゲームのときに、3人くらい側転でくるくる回っている人たちがいたのを、
遠目からやっかいなお母さんに見られて「もうすこし厳しくやってほしい」と言われました。
“2~3回側転したって、良くないですか?こんなに天気が良くて、芝生の上なんだから”
と心の中でつぶやきながら、自然に聞こえないふり。結果出したる。

育成年代は結果がすべてじゃないとか、サッカーだから勝ちにこだわるのか、とか、
ドイツではどうですか?とか、結論はどこにあるのかわかりませんが、
私の中ではっきりしていることは「ぜったいに何とかしたい!」
という信念からしか生まれない工夫があるということ。
私自身が、もっと熱くなれるという自覚はあり、
熱くなっても側転をOKとするのかどうかは、
私が小さいときに、どうしても側転がうまくできずに劣等感を感じていたことには関係なく、
おのずと答えが出る。といったところです。

眠れないながらも、頭が働いているようには思えなくなったので、
きょうはこの辺で失礼します。

きょうが、良い一日であるよう、
祈ってます!

あい








nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。